pab1


こんにちは!

People Around Books
です!

People Around Books (PAB)
は、本を書く人、作る人、売る人、読む人など、本の周囲にいる人たちが相互に交流することができる機会や場所を作るために立ち上げたコミュニティサイトです。

当サイトでは、郵送・配送サービスを活用してあなたの特別な本と誰かの特別な本を交換するプロジェクト『PAB POST』を定期的に開催しています。

PAB POST
のコンセプトや詳細などはこちらでご確認ください。

これまでにPAB POST8回ほど実施し、たくさんの方に参加していただきました。前回の開催 (2) から時間が経ってしまいましたが、プロジェクトの再開に向けて動き出しており、無理のないペースでプロジェクトを継続するために内容をリニューアルすることにしました。

正直、PAB POSTはもう開催されないのではないかと考えていた方は多数いると思いますが、新たな一歩として活動を再開していきますので、引き続き応援していただければ嬉しいです。

以下、プロジェクトの変更点を挙げていきます。前回リニューアル時に変更して良かったことは継続していこうと考えておりますので、こちらも併せて紹介させていただきます。

PAB POST
への参加に興味がある方はご一読いただければ幸いです。

■毎月開催 二ヶ月に一回の定期開催

PAB POSTを開始した当初は毎月の開催を目標にしておりました。毎月に渡って開催することで宣伝にもつながりますし、プロジェクトの認知のためにも継続して開催していくことが大事だと思っておりました。

しかし、毎月に渡って開催することで、宣伝も頻繁にするようになり、参加したいと考えてくださる皆様を急かしてしまったのではないかと考えるようになりました。

主催者としては、開催ペースを落としてでも参加者の皆様が気持ちよく参加したいと思うような場を作りたいと考えており、あえて期間を開けて偶数月ごとに開催することにしました。

ペースをゆっくりにする分、PAB POSTのことを知ってもらうために文章を書いたり、レポートを書いたり、そういうことにも注力していきたいなと思っています。

■参加申込制 参加者募集制・複数名が集まり次第実施

・変更前

リニューアル前は参加希望者の皆様がイベントページ経由で参加の申し込みをすると同時に参加費を支払うことでエントリー完了という方法を取っていました。

この場合、参加者が集まらないなど、何かしらの理由でプロジェクトの実施が困難になったときに、参加者側の視点から返金してもらえるのかという不安が残ります。もちろん、返金などは対応してきましたが、参加する上での懸念は払拭するべきだと考えております。

また、PAB POSTは主催者と参加者が連絡を取り合うことが必要なプロジェクトとなっておりますが、チケットを購入していただいた皆様と連絡を取り合うことが困難になるという事態も発生しておりました。

以上のことから、参加を希望する皆様に負担をかけず、滞りなくプロジェクトに参加していただくために、下記のように見直しを図ることにしました。

・変更後

リニューアル後は、メールかSNS経由で事前に参加希望を募り、複数名が参加を希望した場合にプロジェクトを実施するという参加者募集制に変更します。

参加希望者を事前に募ることで、参加希望者と連絡を必ず取ることができる状態になり、申し込みはしたが、何かしらの理由で連絡を取ることができず、参加できなかったというトラブルを防ぐことができます。

また、プロジェクトの実施が確定した後に参加費を払うという方法をとることで、参加費に関する懸念も払拭できると考えています。

■参加費400 800円に引き上げ

・変更前

リニューアル前の参加費は400円でした。ワンコイン以下で気軽に参加できるという形で参加者を募っていましたが、気軽に参加できるからこそ、ボロボロの状態の本を選び、良い本を手に入れようという下心を持つ層が一定数は存在するという悪い部分も見えてきました。そこで、以下のように価格を見直すことにしました。

・変更後

リニューアル後は参加費800となります。価格を上げることに関しては、さまざまな方からアドバイスをいただき、最後まで悩みました。それでも、良い本を手に入れて、最悪の場合には転売されるというリスクを防ぐために、価格を上げることはフィルターとして必要だという結論に至りました。

PAB POST
は“私の特別な本と誰かの特別な本を交換する”ということをコンセプトにしており、本だけでなく参加者同士の想いを交換する機会にしてほしいと願っています。参加者は互いに対等な関係であるべきで、相手を出し抜こうとするのは失礼だし、なによりフェアではありません。

価格の見直しは今回の最大の変更点であり、いろいろな意見が生まれると思います。当サイトとしては、価格が上がっても参加したいと思ってもらえるように、参加者の皆様を丁寧にサポートしていくために尽力します。

■優待制度を設けます

参加費は引き上げますが、それでも一人でも多くの方に参加していただきたいと思っているので、優待制度を設けます。参加費は最大800円ですが、プロジェクトが実施されなかった場合で翌偶数月の参加を継続して希望する場合は100円引きで参加していただきます。

プロジェクトを実施する上で想像したくない事態ではありますが、参加希望者が集まらず二ヶ月、四ヶ月とプロジェクトが実施されなかった場合、700円、600円と割引させていただき、六ヶ月目にはいつでも1回だけ400円で参加していただける特別チケットを発行します。

説明が分かりにくくなってしまったかもしれませんね。つまりは、参加費は最大で800円。プロジェクトが実施されない場合でも、継続して申し込んでいただくとメリットがあるということです。

■“本を贈る”というコンセプトを明確にする

価格を上げたことにも関連しますが、リニューアル以降は、PAB POSTが自分の大切な本を誰かに贈るというコンセプトを掲げているという点をさらに丁寧に説明していこうと思っています。

プロジェクトを通して、“私の大切な本はボロボロになるまで読んでしまっているのですが、そういうものでも良いのですか”という質問がかなり多くの方から寄せられました。結論、良くないですよね。

例えば、本に限らず、大切な友人、恋人、家族に服や食器などをプレゼントするとして、ボロボロに破れた服や割れた食器などを贈ったとして、相手がどのような顔をするのか想像していただきたいのです。

PAB POST
は本を贈る相手がいるプロジェクトです。参加者の皆様には、たとえ相手の顔が見えなくても、本を贈られる誰かがいるという、他人への想像力をもっと働かせて欲しいなと願っています。

それでも、ほかの参加者へ贈ることができない状態の本が届いた場合は主催者の本と交換し、ほかの参加者のもとへ悪い状態の本が渡らないようにします。正当に参加している参加者の皆様が損をしないように、主催者としてもリスクを取っていきます。

本の交換プロジェクトを行うからには、参加者の皆様にはフェアな気持ちで、楽しく参加していただきたいと思っています。そのためのリニューアルであり、いろいろな意見もあると思いますが、継続して行っていくために内容を見直しました。

長文になってしまいましたが、ご一読ありがとうございました。

引き続き応援よろしくお願い致します。